数多くのプロスポーツの中で、ルール上殴り合いが公認されているのは何でしょう?
ボクシングは当然殴り合う事を競うスポーツですから別として、ルール上での規制していないのはアイスホッケーだけです。
当然プレイが続いている間は殴ってパックをとったり、相手を倒したりするのは反則ですが、プレイに関係ない所、例えばパックから遠く離れた場所などでのファイトは公認されています。

別のケースではフェイスオフの時に「やるか?」「よし、やろう」と事前交渉があってファイトする事もあります。 これはチームのムードを盛り上げる為にエンフォーサー(いわゆるケンカ専門のごついプレイヤー)がファイトを買って出るというものです。

後はチームメイトが激しいヒットを受けて怪我をしたとかしそうになったりすると、エンフォーサーばかりでなく他のチームメイトが過失のあったプレイヤーに襲い掛かろうとします。
チームメイトの為に起こす乱闘もチームの結束を硬くする一つの要素というわけです。

しかし殴り合いをして怪我をしたりしないのでしょうか?

ご存知のように氷の上では足元が滑りますので、腰の入ったパンチを放つのが難しいようです。
それでもたまにいいのを食らって、脳震盪の後遺症の為に1シーズンを棒に振ったプレイヤーもいますので、怪我にだけは注意して欲しいものです。

NHL(ナショナル・ホッケー・リーグ)はゲーム中の喧嘩を止める事は考えていません。
一つにはゲーム中のファイトがアイスホッケーの人気を呼ぶ一つの要因であり、コンタクトスポーツの持つ「激しさ」というものを失いたくないのです。
喧嘩し終わった後にはお互いの健闘を称えるというスポーツマンシップも存在する、それがアイスホッケーなのです。
NHL(ナショナル・ホッケー・リーグ)はアメリカの23チーム、カナダの7チームが所属する北米のプロアイスホッケーリーグで、世界最高峰のプロホッケーリーグに位置づけられます。

アメリカではNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)、NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)、MLB(メジャー・リーグ・ベースボール)と並んで4大スポーツの一つと数えられています。

NHLにはカナダ、アメリカを始め世界20ヶ国から一流選手が集まり、10月初旬から4月中旬まで行われるレギュラーシーズンの82試合が行われ、西と東それぞれのカンファレンスから上位8チームがスタンレー杯プレイオフに進出します。
勝ち点は延長、及びシュートアウトを含んだ勝利に2点、延長及びシュートアウト負けに1点、レギュレーションでの負けに0点が与えられます。

レギュラーシーズン終了時の順位は、まずカンファレンスを3地区に分けたディビジョンのチャンピオンが勝ち点の多い順にカンファレンスの1位、2位、3位を占め、後は勝ち点の多い順に順位が決定されます。

プレイオフはカンファレンス内での1位と8位、2位と7位、3位と6位、4位と5位のチームの間で準々決勝が行われ、7試合をして先に4勝したチームが準決勝へと駒を進めます。
そしてそれぞれのカンファレンスの決勝を勝ち残ったチーム同士でファイナルが行われます。
つまりプレイオフで優勝をするには短期間に最大28試合を行う事となり、スタンレー杯はプロスポーツの中で最も獲得がハードと言われています。

2011-2012シーズンではNBAのロックアウトの影響もあり、アイスホッケーの人気が益々高まるのではないかと期待されています。
しかもベースボールはホッケーのシーズン中はオフシーズンに当たり、フットボールも試合数が少なく2月の第1日曜日のスーパーボウルでシーズンの幕を閉じるので、ホッケーに人気が集まる可能性が高くなります。

昨シーズンに劣らぬエキサイティングなシーズンを期待したいものです。
猛暑がつづいていますが、アイスホッケーでもやりたい気分ですね...。
もっとも、夏にアイスホッケーができるのかどうかはわかりませんが。

個人的にスポーツについてはあまり興味がないのですが、個人プレー系の競技はわりと好きです。スキーとかスケート、テニスに水泳、あとは空手などの格闘技でしょうか。

ですので、スケートは好きなのですが、アイスホッケーのようなチームプレーが必要とされるスポーツは苦手なんです。
敵と味方にわかれてワーってやるようなものより、自分との闘い系のものに興味を感じます。
決してチームプレーやアイスホッケーを批判しているわけではありません。
ただ、好みが違うというだけです。

そんなわけで、私はアイスホッケーなるものはまったくやったことがないのですが、大学のサークルなどでやっているケースが多いようです。
アメフトなども、小・中・高でやっている人は少ないはずですので、おそらく、大学生になってからはじめるようなスポーツのように感じます。

サッカーや野球などの場合、小・中からやっていないと、大学生からはじめてもレギュラーになれる可能性は低いと思いますが、アイスホッケーの場合は、大学から一斉にスタートという感じかと思いますので、ひょっとしたらレギュラーになれる可能性も残されているかと思います。
ただ、どうも防具などの面でお金がかかりそうなスポーツの気がいたします。
アメフトの防具なども何気にかなりのお金がかかるものですが、スティックとかヘルメットとか、いろいろ大変そうです。
それに、リンクがなければ、練習などもできないでしょうから、必然的に寒冷地でしかできないスポーツではないでしょうか。
ただ、沖縄の大学でもアイスホッケー部があるようですので、あまり関係ないのかな?
日本では猛暑がつづいておりますが、こういう時期にはアイスホッケーでも観戦したい気分です。
動物園のしろくまさんも、氷柱(ice bar)をプレゼントされたそうですが、なるべく体温をさげて健康管理をするようにこころがけましょう。
ところで、当ブログについてですが、以前はKnightsというアイスホッケーチームの公式ウェブサイトだったようです。
最近ドメインを取得したのですが、アイスホッケーチームのKnightsとは何の関係もございませんことをご了承ください。

当サイトでは、主に、ヘルスケアのお役立ち情報を発信していく予定です。
といいますのも、私はちょくちょく健康食品なんかを購入しているのですが、最近はたくさんのサプリメントがありすぎて、どれがいいんだかまよってしまうんです。
あれもいいし、これもよさそうだし...と迷うことが多いのですが、それだったら、ブログでも更新しながら考えようかなーと思い、こうしてブログを作成してみた次第です。

ブログやホームページに関する知識はある程度はあるのですが、健康管理についての知識は皆無です。
けれども、情報は発信するところにやってくるということを聞いたことがあります。
ヘルスケアに関する情報を発信しつづけたら、ある程度は充実した健康生活ができるのではないかと思いつつ、情報を発信していこうと思います。
青汁やコンドロイチン、ヒアルロンなどの情報を更新していこうと考えております。
健康が気にかかるというような年齢ではないのですが、最近は青汁や野菜ジュースを積極的に摂取するように努めております。
比較的、野菜の多い食事を摂取しておりますので、野菜不足というわけではないのですが、健康食品やサプリメントなどもちょくちょく購入する方ではあります。

健康食品のなかでも、青汁は以前からいろいろと飲んでまいりましたが、インパクトのある青汁にはいまだに出会っておらず、今年はいろいろなのを試しに飲んでみようかと、そんな気分なんです。
青汁サンプルにもいろいろあるようなんですが、お試しサンプルなどを購入したりしながら、いろいろと吟味したりしております。
ケールや大麦若葉など、たくさんのがあるようです。

青汁は年寄りくさいというイメージがあるので、友人にはばれないよう、なるべくこそこそ飲んでいるのですが、まぁ、人知れず隠れたところでの努力というのは、誰しもがやっているものと思います。
ただ、健康管理という面においては何よりも毎日の食費が基本になるものです。
不規則な生活を整えることによって、心身ともに健康で生活ができるものと思います。

心が整えば健康になるのか、はたまた、生活がととのえば健康になるのか、にわとりが先か卵が先かというような話になってしまいますが、そのどちらもがやはり大切な要素であるものと思うのです。
体には必要な栄養というものがあるものですので、そうである以上、あれこれ考えていても仕方がありません。
入れなきゃならない栄養は、なんとしても入れなくてはいけないものなのです。

私の場合、たまたま青汁であったというだけなんですが、ビタミンのつぶつぶのサプリメントとかでも別にいいんじゃないですかね。
現代に生きている以上、さまざまな面で栄養が不足しがちになりますので、そういった健康食品で補う必要もあるのではないかなと思います。

ウェブサイトを作成するのは、これがはじめてではなく、先日は学生ローンの貸金業者の比較サイトなんかも作成してみたんです。
わたしは学生ではないのですが、人間というのは生涯学生のつもりで生きていると、謙虚にくらしていけるものかと思うんです。
たとえ1部のことに長けていたとしても、ほかの点ではほぼ初心者なんだなぁということが最近は感じることが多くなってきています。

もちろん、私が学生ローンを借りるわけではないのですが、昔はいろいろと借りることはありました。
アメリカへの旅行やサークルの合宿など、なにかと出費の多かった時期もあったんです。
けっして効率的にお金を使っていたわけではないのですが、それでもやはり、20歳前後の時期というのは何かと資金が必要な時期だと思うのです。

なんにせよ、仕事が忙しくなったくると、体力的な面でも、バイタリティーの面でも、何かをやろうという気持ちはあまりおきなくなるものです。
そうなると、それほどのお金は必要がないですので、使い道がないというケースも独身貴族には多いものだろうと思います。
ただ、ご結婚されている方は別ですが、やはり、体力があるうちでないとお金があったとしてもしょうがないという面があるかと思います。
そういった意味でも、老後のお金を心配するよりも、学生のうちはローンを組むぐらいでもちょうどいいものかと思います。
老後の心配は中年をすぎたあたりからでも、十分間に合うはずかと思います。

一方、個人的にはローンを組むこと自体は大嫌いなんで、私は必要なお金があっても我慢する方なんですが、できるだけ借金自体は避けた方がいいのかなっていう気もしてきます。
借金には借金の波動というものがあるらしく、それが人間に悪影響を及ぼすらしいのです。
借金さえしなければ、毎月の返済がどうのと考えることもありませんし、返さなきゃいけないという不安感も存在しないものです。
けれども、学生のうちからローンを組んでしまえば、そういったことに、少なくとも毎月数回は頭を悩ますことになるはずです。
ほんのわずかな差ではありますが、借金で頭を悩ます人からはそういう借金の波動というものが出てきて、いろんな面で少なからず影響を与えるものと思います。
できるだけ借金はしない方がいいみたいですね。
大相撲の存続のゆくえが気になるところですが、そもそも、大相撲というのはスポーツなのかという疑問もあります。
一種のエンターテイメントとして捉えるならば、八百長でもいいのですが、建前上はスポーツとして運営していくのであれば、やはりフェアプレーが前提となります。

似たようなテリトリーのものにプロレスの存在がありますが、あちらの方は興行というような形を前面に打ち出してますので、スポーツというよりも一種のショーという側面が強いです。
スポーツとして見てしまうと明らかにおかしな部分が出てきてしまいますが、それを言ってしまうと野暮なので、あくまで楽しむためのものといういさぎよさがあります。

ただ、相撲の場合、神技・国技ということでもありますので、日本を象徴するものでもあるわけです。
富士山やスシ、歌舞伎などを同じように、日本の伝統であり、文化なのです。
そのような点を考えると、現代の日本を象徴しているような、きわめて世俗な風潮が相撲界にはびこっているのは残念なことでもあります。
相撲が神事であることを考えると、八百長をするということは天への冒涜でもあるわけです。

一方、国際的にみてみると、レスリングという似たようなスポーツも存在します。
相撲がスポーツとしてレスリング的な位置に移動することも可能かと思いますが、やはり、スポーツオンリーでとらえてしまうと、大相撲としての趣がなくなってしまうような気もするのです。

そのあたりの非常にあいまいな位置に存在しているのが、すもうの難しい点でもあるわけです。
おもしろドラマを探しに、近所のレンタルビデオ屋さんに行ってきたんですが、都心のビデオ屋さんは狭くて見たいDVDを詳細に比較・検討することができなかったのです。
そのようなわけで、自宅でオンライン上のレンタルDVDを利用してみたのですが、便利な世のなかになったものだなぁと関心してしまいます。

以前まででしたら、VHSのレンタルビデオが主流でしたので、その大きさからいって郵送という考え方はなかったはずだと思います。
宅配便などを利用することを考えた人はいるでしょうけど、やはり、返却の際に不便ですし、何よりコストがかかってしまいます。
けれども、記録媒体としてのDVDが主流となった現在、郵便ポストを利用することによるオンラインレンタルが可能になったわけなのです。

レンタルビデオ屋さんのなかには、返却ポストというのが店頭に設置されているケースもありますが、そのポストが近所のでもよくなったという感じかと思われます。
このオンラインレンタルが本格的に普及していきますと、アメリカなどではすでに実際に生じているようなのですが、実店舗のビデオ屋さんというのは、次々に閉店していってしまうような気がいたします。

何はともあれ、インターネットで詳細に比較できますし、オンライン店舗の方が取り扱いタイトル数も多いようですので、最近はオフラインの店舗へ足を運ぶということがなくなってしまいました。
また、映画館というのも、しばらくは足を運んではいません。

映画館へ足を運ばなくなったのは、レンタルビデオ屋が出てきたからだという人もいますが、今後はさらに、ビデオ屋さんにすら足を運ばないという時代が来てしまうのかもしれませんね。